The Story

2005年、ステフィン·カリー選手はノースカロライナ州の⾼校を卒業した。彼は全米最優秀高校生プレーヤーの称号であるネイスミスアワードも、その他の賞も、受賞することはなかった。

彼は最高評価の選手でも、4つ星評価の選手でもなく、3つ星評価止まりだった。体が⼩さいせいかその実力は認められず、過小評価された。つまり、Underrated。しかし、決してバスケットボールをやめはしなかった。

アメリカの⼤学のトップのバスケットボールプログラムに注目されることはなかったが、彼は⾃分⾃⾝の可能性を信じ続けた。Davidson Collegeに⼊学し、3シーズンに渡ってプレーし、高校の頃自分を⾒過ごしたコーチやスカウトに自身の秘めた可能性を信じてもらえるように努力を続けた。

そして今、3度のNBAチャンピオンと2度のNBA MVPの受賞が示しているように、彼の才能はどのぐらいのものであったのか、そしてどれだけUNDERRATEDされてきたのか、疑う余地はないだろう。

ステフィン·カリー選手は、⾃分と同じように、才能や実⼒があるのに⾒過ごされている⾼校⽣プレーヤーが毎年いることを見過ごしはしない。彼らには、その才能を⽰すチャンスが必要であり、全国のコーチやスカウトにも、彼らの才能の芽を⾒過ごしていることを伝えたいと思っている。

同じことを経験した自分だからこそ彼らにチャンスを与えたい。その思いによって彼はこのUnderrated Tour20191⽉から始め、アメリカの7ヶ所で開催されてきた。3つ星と評価されたプレーヤーの可能性を開く最初の⼀歩となるプラットフォームが、東京にやってくる。

⾃分に対する⼈々の疑念を払拭し、才能を信じさせたのは、ステフィン·カリー選手が
最初ではない。そして、最後でもない。

カリー選手は信じる。 君も信じている。

そして、

彼らだって、信じさせる。

今すぐ申し込む